最近久々に元気・ポジティブな状態で頑張れるようになってきた

1年半〜2年くらい前から「う〜ん疲れちゃった…」ってなって、省エネ状態で暮らしていました。
正直昔から頑張れるパワーには波がありますが、ここ2年くらいは人生で1番やる気がなくなっていて、「頑張っても周りの人の足元にも及ばない…」「仮に何かうまくいったとして、人類史に何が残るんだ…」「寝ていたほうがトータルの幸福度は高い」などと考えてふにゃふにゃでした。ちなみにここでいうやる気というのは主に趣味や自己研鑽、コミュニティ活動などオフ時間の頑張りに直結するものです。

かつては何の疑いもなく「頑張る」ことを正としていたにもかかわらず、段々とそのコスパに目がいってしまったこと、背伸びして頑張り続けるのが大変だと知ったことにより立ち止まってしまったようです。

永遠に布団にいる日もあったし、お医者さんにちょっと相談してみたりもしたけど、前職の友にもらった「長い人生だから立ち止まる時間があっても大丈夫」といった力強くありがたい言葉を胸に割とのんびりしていました。その間ちょうどコロナで家にいることも増えて、色々なことを考えました。

  • なんか何事も進捗がない感じがするな〜でも別にそれでも困らないな〜今後も一生この感じでいこうかな〜
  • コロナで大変な世の中だけど自分は何もできないな〜自分がやることが世にとってプラスになるかどうかもっと考えてみたいな〜
  • 今まで何故頑張ってきたんだろう〜これから何を目指して生きていくんだろう〜
  • とにかく好きな人達と関わりを持ち続けながら暮らすのが自分にとっては幸せだな〜そのためには時間やお金や色々な余裕があった方がいいのかな〜

ゆったりした生活による空き時間で、以前はあまりやらなかったゲームをするようになったり、久々な知人に積極的に「元気?」と連絡してみたり、行動にも小さな変化があった気がします。
いずれも「疲れちゃった…」とステイホームが重なったことによるものだと思われますが、「自分は何を考えているのか/大事にしているのか」を考える時間、やらなかったことや疎遠だった人に割く時間が増えたのは結果として良かったみたいです。

結局、立ち止まって色々考えているうちに具体的に実現したい目標ができて、最近漸く浮上してきました。

ということで、このツイートをしたあたりから自分でも驚くほどみるみる元気になってきて、省エネモードはいったん終わりを迎えたのでした。たまには自分との対話に集中してみるもの良いものですね。そして目指すものがあると何をすべきか分かりやすくてとても良い…。

自分の傾向をふまえるとこういうことなのかなという整理もできたので、適度に頑張り続ける生き方を今は選んでみます。

早速、前より起きている時間はめちゃくちゃ長くなったのにやりたいことが片付かなくなりつつあります。つまりはやはり波の大きい人間なんですが、今後は次のレベルアップとしてその波を小さくしていくところを目指します。安定感!