セミコロンの使い方を知りたい(Javaじゃなくて英語の話)

セミコロンを使わないJavaの話はしないぞ!!

コロンは例示とか言い換えを便利にしてくれるものとしてたまに使うけど、セミコロンは何なのかすらちゃんと分かっておらずスルーしていた。ちゃんと調べてみたら要はカンマとピリオドの仲間。等位接続詞の代わりになったり、接続副詞と併せて使ったりするらしい。

例1

She is a programmer; she writes JavaScript code.

情報を付け加える等位接続詞の and の代わりにセミコロンを使ったパターン。

セミコロンなしバージョン

She is a programmer, and she writes JavaScript code.

彼女はプログラマーでJSを書いてるよ。

例2

It is written in Java; it runs anywhere.

こちらは等位接続詞 soセミコロンになっている。

接続副詞使ったバージョン

It is written in Java; therefore, it runs anywhere.

この書き方でもセミコロンが使えるらしい。

セミコロンなしバージョン

It is written in Java, so it runs anywhere.

Javaで書かれてるからどこでも実行できるよ。

感想

かんたんだね!今まで「セミコロンってなんだっけ」と思いつつ深く気にせず調べもせずやってきたがやっと学んだ。自分が使うことはあまりなさそうだけど、ネイティブの人はどういうときに使うのか今度お友達に聞いてみよう。

ちなみに、カンマで区切って何かを並べるときにセミコロンを混ぜることでカテゴライズとかもできるらしい。

Java, JavaScript; India, Indonesia; ham, hamstar

参考文献